「スプレッド」とは外為取引は外貨を売り買いして利ざやを得る商品です。トレードの値段は変化しています。これがマーケットです。ラジオのニュースを聞いていると通貨の情報が流れる状況があります。「現在のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを言い表しています。要するに、外為取引には買値と売値の2個の値が存在している事を表しています。売値、買値ではなくビット、アスクと表示するFX業者も存在しています。いつもは売値の方が買値よりも低い値段に決められています。現実に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。この差をスプレッドといいFX会社の収益の一部になっています。スプレッド幅はFX会社によって異なります。スプレッドの差は自分にとって経費になるので、小さいFX業者を選択したほうが儲けられます。ただ、同じ取引会社でも状況によってスプレッドの差は変化します。仮にドル円の組合せでたった1銭のスプレッドでも市場の変動がとても激しい場面では1銭よりも大きくなる事があります。という訳で、スプレッドが狭いのと合わせて変わらないのが不可欠です。この頃では固定したスプレッドを見せる業者も多くあったりします。実際にFX業者の注文画面の中でレートを見て確認しなければわからないのでわずらわしいですが必要不可欠な事です。貴重な投資資金を投入して売り買いをするのですから売買の前に魅力的に思えた業者の口座開設を遠慮せずにして、示されているスプレッドの幅をチェックしましょう。同じ通貨でも、その時点の外国為替市場の状況によって、通貨ペアのスプレッドの狭さは異なることがあります。たいがい、インターバンク市場で取引量の多い、流動性の高い通貨ペアではスプレッド幅が狭く、この他の通貨では広がるのが一般的です。